初級基礎・応用講座(認定アドバイザー)

受講料 初級基礎講座(52,000円)+初級応用講座(150,000円)= 202,000円(税別)

日 程 1回2時間×14回

試験料 アドバイザー試験料 15,000円 協会登録料 5,000円(税別)

 

 

初 級 基 礎 講 座 内 容

学ぶ精油

1

メディカルアロマとは

メディカルアロマの歴史と背景

大切なこと・精油の3つの使い分け・考え方

イギリス式とフランス式の違い

効果的な基材と使い方・注意・精油の選び方

精油とは・嗅覚への刺激と作用

イランイラン

ラベンダー・アングスティフォリア

マンダリン

 

レモン

2

協会について・なぜ植物が人間に優しいか

成分と芳香分子について・電気分解の座標軸

14 の芳香成分の作用・作用の説明・痛みについて

香りと座標軸

ペパーミント

サイプレス

ローズウッド

ゼラニウム・エジプト

3

芳香分子の経皮吸収と皮膚塗布の知識

注意する精油の成分・精油の注意

バッチテストについて・美容のための精油

精油に含まれる沢山の芳香分子

精油とキャリアオイルのまとめ・感染症とは

パルマローザ

ジュニパー

ローズ

マジョラム

 

4

処方の考え方と精油の選び方

選んだ精油の根拠について・化粧品とは

化粧品の皮膚への働き・皮膚の構造

キャリアオイルとは・キャリアオイルの主成分

協会によくある質問

ペットのアロマでよくある質問

ラベンサラ

レモンユーカリ

ユーカリレモン

ティートリ 

 

 

初 級 応 用 講 座 内 容

学ぶ精油

1

メディカルアロマとは

エタノールを使うのは間違い

ホームケアのアロマテラピー

肩こりに関する基礎知識

肩こりに効果のある精油・むくみの処方

心の病気・うつ病・摂食障害・睡眠障害

恐怖症・内分泌機能障害・代謝障害

ウィンターグリーン

カモマイル・ジャーマン

カモマイル・ローマン

シナモンカッシャ

 

2

ステロイドの副作用・カウンセリング

家庭の常備薬

家庭の常備薬をメディカルアロマで

体質的な精油の選び方と体質判断のコツ

クラリセージ

ニアウリ CT1

ネロリ

プチグレン

3

精油の化学・植物の代謝・有機化学について

原子量と分子量・脂肪族のグループ

芳香族のグループ・テルペン系のグループ

飽和と不飽和・イソブレンについて

鎖状化合物・単環性化合物・双環性化合物

モノテルペン炭化水素類・ジテルペン炭化水素類

バジル

パチュリー

ヘリクリサム

ユーカリラディアタ

 

4

含窒素化合物・官能基による分類

アルコール類について・アルデヒド類について

ケトン類について・フェノール類について

エステル類について・酸化物について

ラクトン類について・有機酸類について

大脳辺縁系の働き・大脳新皮質について

自律神経について・自律神経に関する精油

 

オレンジ・ビター

オレンジ・スイート

グレープフルーツ

クローブ

5

精油の作用・エストロゲン・コーチゾン

甲状腺ホルモン・卵巣ホルモン

免疫調整と促進

インフルエンザ

モノテルペン炭化水素類

メディカルアロマ式香道

コリアンダー

サンダルウッド

ジャスミン・アブソリュート

ジンジャー

6

抗掻痒作用・瘢痕形成作用

抗炎症作用・鎮痛作用・鎮静作用

作用と精油

モノテルペンアルコール類

皮膚について

シダー

セージ

ローズマリー・シネオール

ローズマリー・カンファー

7

沐浴とアロマテラピー

作用と精油

エステル類

タイムの種類・皮膚病

 

タイム・ツヤノール

タナセタム

フランキンセンス

オレガノ

8

アロマトリートメントについて

一般的アロマと協会のアロマの違い

メディカルアロマでよくある質問

ボランティアに関して

てんかん・糖尿病・肝臓病・腎臓病

作用と精油 ケトン類

ベルガモット

タイム・チモール

アカマツヨーロッパ

タイム・サツレオイデス

9

研究発表について

体質判断の復習

3つの質問

ユーカリの種類

カモマイルの種類

ユーカリグロブルス

ラベンダースーパー

ラベンダースピカ

スターアニス

10

作用と精油

芳香族アルデヒド・桂皮アルデヒド

クミンアルデヒド・テルペン系アルデヒド

セスキテルペン炭化水素類

セスキテルペンアルコール類

免疫・アレルギー・ホルモンについ

ラベンダーストエカス

リトセア

ワイルドキャロット

ユーカリディベス